紅花 | 福岡市東区整骨院「かしいかえん駅前整骨院」

福岡市東区西鉄香椎花園駅前から徒歩1分のかしいかえん駅前整骨院!交通事故の治療から肩こり、腰痛、スポーツでの怪我、日頃の疲れまで、あなたの身体をトータルサポートいたします。
診療時間 -詳細こちら
火~土
9時~21時
日曜日
9時~18時
かしかえん駅前整骨院!WEBからも相談できます!
かしいかえん駅前整骨院 お電話でのご予約・お問い合わせは092-692-1050

紅花

2016年05月19日

皆さんこんばんは!水曜日担当の林田です‼

 

5月も半ばになり、汗ばむ陽気になってきましたね☀

今日かしいかえん駅前整骨院では今年初のかき氷を堪能しました。

 

 

私が食べたのはイチゴミルクで、

蜜たっぷりで練乳たっぷりかかっていました~

美味でございました?

 

そして今回は柴原先生のおごりっていただきました。笑

ゴチになりました❗❗❗

 

さあ、話はうって変わって

中薬(ちゅうやく)の話しになります。

中薬とは薬になる植物、動物などのことと思って下さい?

 

今回ご紹介するのは

紅花(こうか)というもので、

別名  べにばな,ホンファといいます。

 

活血化瘀薬(理血薬)…血行を促して、瘀血を除去する中薬です。

 

薬膳の素材としても知られる紅花は、血液の流れを改善する活血化瘀作用があるため、

瘀血(血行不良)による高血圧や狭心症、動脈硬化、脳梗塞などの心血管系の疾患をはじめ、月経痛や月経不順などの婦人病、打撲や外傷などにも用いられている植物生薬です。

性質はです。

中薬はその性質によって「寒・涼・平・熱・温」に分かれます。例えぱ、患者の熱を抑える作用のある生薬の性は寒(涼)性であり、冷えの症状を改善する生薬の性は熱(温)性です。寒性、涼性の生薬は体を冷やし、消炎・鎮静作用があり、熱性、温性の生薬は体を温め、興奮作用があります。

 

 

少量の紅花を食用にすると養血美肌作用があるので、中国では、薬膳にもよく使われています。

シチューやスープ、豚肉や鶏肉の妙め物などに活用できますが、紅花は長く火を通すと苦みが出るので、他の食材に火が通り、調味料も加えて味を調えてから最後に加えるようにしましよう。紅花は、漢方薬局や中華素材を扱うスーパーなどで入手できます。

ちなみに私はいつも漢方を取り扱う「みず堂」さんで、購入しています。

ここはグラムで購入することが出来るのでとても便利ですよ~☺

 

ただし気をつけて頂くことがひとつ。

紅花は血液の流れを非常に良くしてくれるので、妊娠中・妊娠の疑いがある方は控えて下さい。

 

この事にきをつけて頂ければ、女性にはとてもよい物なのでぜひお試し下さい✨✨

それでは今日はここで失礼致します~?